7日間スラッガー養成プロジェクト 大塚光二 垣内哲也

バントが上手くなるためには

華やかなバッティングがいつも出来るとは限りませんし、野球と言うスポーツは一言で言えば「点取りゲーム」です。従って一つでも先の塁に進めるか、進めさせないか?場合によっては中軸バッターも送れないと試合を潰すことになります。
高校野球で良く見られるのはノーアウト、ランナー1塁送りバントです。まずこれは徹底していますね。

 

私が見ていてバントはプロより高校生の方がうまいのでは?といつも見ていて思います。負けたら終わりの高校野球。着実に塁を進める。
プロと比較しては失礼ですがプロはヒッティングに時間をかけてまあ打席に立つからバントの練習をする投手の下手さはお手本とは到底言い難いです。多少辛口になりましたがベンチで見ている監督もバントを失敗すると天を仰ぎ「なんで送れないのだ」という表情見た事ありませんか?
追い込まれたら三振で良いから。そんな具合です。

 

バントは「最初からする」のと「意表をついてする」の二つに分け「送りバント」「セーフティバント」と二つに分けたとしましょう。
まずどちらにも言えるのはボールの高さで見て目を「切らない」ことです。それとヘッドの方を持つ場所は、ほぼ真芯のところでコントロール出来るように握り締めないことです。足は良く片方が後ろに行き腰が高いと大抵当りません。それは渾身のストレートと変化球でも投げられたら身体が付いていかないからです。プッシュバントは相手も警戒しているので打ちにくい球というより、バントをさせない球です。
セーフティは警戒心が少ないから「行ける!!と思ったバッターがやる」状況が多いはずです。

 

姿勢は低くボールの高さに目を合わせて切らずに着実に転がすのです。ここでアウトカウントとランナー次第で転がす場所は決まってきます。
人が居ない所へ転がば一番良いですが、進ませるランナーの塁に近くに守っている人と思えばまず良いでしょう。大事なのは投手と一塁手の位置を確認してコントロールする練習をして下さい。
上達したら三塁線、一塁線に転がしたいですね。塁間が27.431メートルなので2メートル弱で止まらせたいですね。投手、捕手、一塁手または三塁手がほぼ突っ込んでくる場所で捕らせにくい位置と言えるでしょう。徹底的にバントをして試合形式でやらないと守備の動きが分からないので実践形式で上達度が増すと思います。


このページの先頭へ戻る