7日間スラッガー養成プロジェクト 大塚光二 垣内哲也

センターから逆らわない方向へ打つコンパクト打法を身に付ける

右バッターならセンターからライト方向へ、左バッターはセンターからレフト方向へ打つのが基本です。

 

引っ張る事が決して悪いことでは無いのですが、真っすぐ来るボールに対して平行にバットを出したら普通は芯に当たれば真っすぐ飛びます。
これがインサイド、アウトサイド、変化球を織り交ぜ相手の配球を読んで引っ張るべきボールを引っ張った。と思っても良いと思います。
「ピッチャー返し」一番か良いチョイスです。

 

抜ければまずヒットですから。居ないとこに打つ。でもそんな簡単に出来ません。だから意識はセンターから逆らわない方向です。これは無理に引っ張ると余計な力が手に伝わります。芯に当たれば放物線を綺麗に描き引っ張った打球は魅力ですが、大抵はホームランアーティストと呼ばれる人です。逆らわないというのは相手の力も借り素直に力まずバットのヘッドが出て芯に当たることです。軽く当たっても内野の頭を超えるのです。その練習をするべです。500本以上ホームランを打った選手が「ホームランは決して力ではないと言います」

 

「あんなに軽く打ってスタンドイン?」ありますよね。あれだけフルスイングしてキャッチャーフライ。これもあります。要するにバットは職人が作った最高のものです。それと同じバットで打てる、打てないは「技術の差」です。技術が同レベルなら「意識の差」です。ホームランは打てる人に打ってもらって下さい。打線とは文字通り「打つことが線になる」ことで打線が切れないという事と敢えて私は「打球が点ではなく線」として飛んでいくことを意味すると解釈しています。コンパクトに逆らわずヒットを量産することで相手チームに威圧感を与えるのです。これがブレなければ当然、引っ張るのも点から線をイメージして内角球でもヘッドから身体のバランスも芯で「パコーーン」と叩いたらどこまで飛んで行くの?という感じになるものです。物理的なものに逆らわず打って感触を得てこそ広角に打てる打者へと成長するものです。


このページの先頭へ戻る